潮の中で良型グレをキャッチ/由良半島・沖釣2番&地釣1番(愛媛県愛南町)

シェアする

2017年12月30日に、釣り納めで由良半島(愛媛県愛南町)へ行ってきました!

上がったのは名礁「沖釣の2番」。人生2回目の沖釣チャレンジでした。

ワクワクしながらタックルを組み、仕掛けを入れるも水温低下でかなり厳しく、エサ盗りも少なくサシエがそのまま残ってくる状況が続きました。

反応が悪かったので引き潮で「チョボ」へと渡り本流を狙うことに。渡って早々に、一緒に行って色々教えてもらっていたダイワフィールドテスター岡田建治さんが45cmクラスの口太グレをキャッチ。

流し方を習ってやっていると僕にもバチバチバチッと引ったくるアタリが! アワセと同時に強烈な引きで楽しませてくれました。キャッチしたのは48cmの口太グレ。

その後も5回掛けましたが、取り込めたのは2枚。逃した内の1回は強烈で全く浮きませんでした。50cmクラスのグレだと思いますが、まだまだ技術不足ですね(笑)

しかし、取り込んだ2枚は45cmオーバーと良型! 最高に楽しかったです。ちなみに岡田さんは45〜50cmの口太グレを5枚と流石の釣果でした。

その後、延長して「地釣の1番」へと磯替りしました。ここでは僕はグレは出せませんでしたが、丸々としたイサキを釣ることが出来ました。

岡田さんはここでも45〜49cmの口太グレを3枚釣られてました。

この日の僕の釣果は45〜48cmの口太グレを3枚と38cmのイサキ1枚でした。低水温でどこも厳しい様ですが、潮の中には良型が居るみたいです。最高の釣り納めとなりました。

《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2017年12月30日
潮汐 大潮
 満潮  05時39分
 干潮  10時49分
(宇和島)

《使用タックル》

竿 磯竿1.5号 530
リール LBリール3000番
道糸 黒魂PE 0.8号 キザクラ
リーダー アストロン磯GREAT TUNEピンクマーキング 2.75号(7m)※道糸とFGノットで結束 ダイワ
ハリス タフロン グレイトZカスタム 1.75(10m)※リーダーと直結でハリスの中にウキを通しました。 ダイワ
ウキ Gure MASTER SPECIAL M/00 ※岡田建治さん監修のウキ
ストッパー D-ストッパー ダイワ
ガン玉 B
ハリ D-MAXグレSS 6号 ダイワ

ウキは岡田建治さんプロデュースのGure Master Special

《エサ》

サシエ オキアミ生M 、ボイルM
The following two tabs change content below.
大野 廉也
(おおの れんや)。釣り歴17年。3歳の頃から釣りにハマり、川では渓流釣りや鯉釣りタナゴ釣りバス釣り、海ではフカセ釣り石鯛釣りルアー全般船釣りをしてます。タナゴ等の小物釣りから20キロクラスの大物釣りもしてます。力を入れている釣りは、フカセ釣りと底物釣り。ホームグラウンドは高知県大月町小才角。シーマスター所属。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする