大知昭 テスト釣行でまさかのロクマル!?/御荘湾(愛媛県愛南町)

シェアする

About Author
大知 ロクマル 巨チヌ

御荘湾で4匹目となるロクマルを持つ大知昭さん

テスト釣行でロクマルキャッチ

6月14日と15日にチヌフカセ釣りの名手・大知昭さんが釣行したのはホームグラウンドの愛媛県御荘湾。

大知さんはここ1年ほど、フカセ釣りにPEラインを使っている。磯や渚など様々な釣り場でPEラインを使い釣果を上げてきた。

今回は大型チヌが狙える御荘湾で、通常のフカセ釣りとは違う深場でPEラインのテストをしたいと考えていた。お世話になった大島海産さんに相談したところ、大島海産さんの特別の計らいで「カセ」(かかり釣り=ダンゴ釣り用に設置された船)から釣らせてもらうことになった。(※大島海産さんでは通常はカセからのフカセ釣りは受け付けていません。釣りイカダからはフカセ釣りができます)

このカセが設置されているのは水深35mほどある深場。大知さんは「チヌが釣れるなら海底近く」と考えて、中通りオモリ2号を使った半遊動仕掛けをセット。水深とほぼ同じ場所にウキ止め糸をセットした。

マキエは30m以上下の海底まで届くように、いつもの『チヌパワームギスペシャル』や『チヌパワーダッシュ』『チヌパワーV10白チヌ』に比重の重い『チヌパワー日本海』や粘りの強い『チヌパワースペシャルMP』をブレンド。時間をかけて練りこんで粘りを出したこのマキエは、投入しても固まりのまま濁りを出しながら沈んでいった。

サシエは練りエサ『食い渋りイエロー』と『高集魚レッド』。深場では目立つ『食い渋りイエロー』が有効だったが、粘りが強い『高集魚レッド』と混ぜ合わせて使いことも多かった。

ウキはPEライン1号の中に通すが、糸通りはスムーズで30m以上下の海底までスムーズにサシエを届けることができた。

そしてヒットしたのが60cmの巨チヌ(ロクマル)だった。海底に障害物があってラインが当たったが無事に引き出して取り込んでみせた。

さらに57cmと55cmの巨チヌも追加してみせた。

「深場でも問題なくPEラインが使えるね。ナイロンより細い分、潮の抵抗を受けにくいしウキの通りも抜群だよ。ウキ止め糸もしっかり止まって動かないから、広島などで人気のイカダからのフカセ釣りでもPEラインは有効だよ」

今回のテストに大満足だったようだ。

翌15日は磯からPEラインを使ったフカセ釣りをしたが、こちらでも50cmオーバーの年無しチヌを釣り上げた。

大型チヌを持つ大知昭さん

ロクマル以外にも57cmと55cmの大型がヒットした

かかり釣りでも好釣果

今回はフカセ釣りでの釣果だったが、大知さんがロクマルを釣ったカセではかかり釣りで50cmオーバーの大型チヌが多数釣り上げられている。かかり釣りでも大型チヌが釣れる御荘湾に釣行されてはいかがだろうか?

《マップ》


※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《使用タックル》

竿 極翔 硬調 黒鯛 1.5号  シマノ
リール BB-X TECHNIUM C3000XG S RIGHT  シマノ
道糸 炎月 G5 1号ほか  シマノ
ハリス ファイアブラッドEX FLUORO HARD-TIDE 3号  シマノ
ウキ  プロトウキ 2号  工房大知
ハリ  勝負ちぬ ネリエ&コーン 2号  金龍鉤

中通しオモリ2号を使った半遊動仕掛け。PEラインは『炎月 G5』など比重の重たいモデルを使用。

《エサ》

サシエ  高集魚レッド、食い渋りイエロー、くわせオキアミスペシャルチヌ  マルキユー
マキエ チヌパワー日本海、チヌパワームギスペシャル、チヌパワーV10白チヌ、チヌパワーダッシュ、チヌパワースペシャルMP+オキアミ  マルキユー

《利用渡船》

大島海産  https://www.oshimakaisan.jp/

シェアする

フォローする