スポンサーリンク

御五神島でイサキのカゴ釣り/御五神島 寝床2番北(愛媛県宇和島市)

釣歴12年。よく行く釣り場は御荘湾、しまなみ海道一帯、御五神島、日振島。MFG所属

HIROをフォローする
御五神島での釣果。イサキやマダイに混じってオオモンハタもヒットした

梅雨の時期真っ只中の6月27日にホームグランドの御五神島にいま最盛期のイサキを狙って行って来ました。

いつもお世話になっている「濱田渡船」で向かった先は、寝床2番の北に私を含め5人で瀬上がりしました。当日南からのウネリがあり上がれる磯は限られていましたが、ここは5人で上がっても十分広く釣りが出来ます。

 

早速タックル準備をします。道糸、ハリス共に私がいつも信頼しているファゾムラインの5号をセッティングします。ウキ下は竿2本(約10m)にセット。

 

潮は上潮がゆっくり左から右に流れており、その潮筋にダイレクトにカゴ遠投仕掛けを投げ入れます。

すると1投目から流れていたウキが気持ちよく入り、それから1投1尾で35センチクラスのイサキが釣れてきます。

他の釣り人も同じ様な釣れ具合で磯の上が活気に溢れます。

しばらく釣れ続きましたが、潮止まりを迎え食い気が止まったので暫しの休憩。

 

その後、釣りを再開した直後に流れていたウキが勢いよく入り、竿引きのアタリが来ます。

これまでのイサキのアタリとは全く違う強烈な引き。何度か根に潜られハリスも擦れている感じも伝わりますが、ラインを信じてじっと耐えながら少しずつ浮かせていきます。

ようやく海面まで浮いてきて魚を確認すると、50センチを超えるオオモンハタでした。

後でラインを確認するとザラザラでかなりダメージがありましたが、耐えに耐えてくれたファゾムラインの耐磨耗性能には、いつも助けられます。

本当に皆さんにもおすすめしたいラインですので興味のある方は是非参考にして下さい。

ファゾムホームページ

 

今回は、御五神島のポテンシャルとライン性能のおかげで満足な釣行でした。また7月からはこのエリアは夜釣りも始まりますので、美味しいイサキ狙って行きたいと思います。

《釣行メモ》

釣行日 2020年6月27日
潮汐 小潮
 満潮  11時12分
 干潮  05時37分
(宇和島市)

《使用タックル》

竿 ブルズアイディオラス遠投 4号 シマノ
リール ブルズアイXT9050番 シマノ
道糸 ブルーモデル5号 ファゾム
ハリス レベル5号 ファゾム
ウキ 渚の遠投師 ウキ12号 渚の遠投師
ハリ テクノグレ9号 がまかつ

《エサ》

サシエ オキアミボイル  
マキエ オキアミボイル  

 

渚の遠投師(カゴ釣り工房) 遠投ウキ 12号 黒

渚の遠投師(カゴ釣り工房) 遠投ウキ 12号 黒

990円(08/10 01:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
タイトルとURLをコピーしました