スポンサーリンク

1st ダイワキスマスターズ全国決勝大会

シェアする

ダイワ キスマスターズ 2016

●主催/ダイワ

2016年9月23日〜25日に上記大会が秋田県八峰町峰浜で開催された。今回より「ダイワスーパーバトルカップ投」から「ダイワ キスマスターズ」に名称が変更となると同時にルールも一新。

予選大会を勝ち抜いた12名にシードの高橋明彦選手を加えた13名の選手はまず予選リーグで3〜4名ごとの4グループに分かれ、総当りで1対1で対戦。勝点及び釣果率で各グループ1位となった4名が準決勝へ進出する。

ダイワ キスマスターズ 2016

予選リーグ

大会前にはキスがあまり釣れていないとの情報が多く厳しい釣りが予測されたのだが、全国の予選を勝ち抜いてきた選手たちは予選リーグスタートと同時に多点掛けを連発! 90分で1kgオーバーの釣果を上げる選手も見られた。

3試合を終えて翌日の準決勝へと勝ち進んだのは、妹尾泰博選手、高橋明彦選手、高橋明男選手、亀田智浩選手の4名。準決勝の組み合わせは高橋明彦選手対高橋明男選手、妹尾泰博選手対亀田智浩選手となった。

準決勝

準決勝で注目を集めたのが昨年のスーパーバトルカップの優勝者であり、過去に4度優勝を決めている高橋明彦選手。しかし、対戦する高橋明男選手もスーパーバトルカップ投全国決勝大会に3度出場(最高位4位)している実力者。

ダイワ キスマスターズ 2016

準決勝で注目を集めた高橋明彦選手(右)と高橋明男選手

2人の対戦はスタート直後から両選手ともに次々とキスを釣り上げていく展開となった。わずかに高橋明男選手の方が数釣っているように見えたが高橋明彦選手もほぼ同じペースで釣り上げていく。検量の結果は高橋明男選手が1,318gに対して高橋明彦選手は1,205g。両者1㎏超えの激闘を制し、高橋明男選手が決勝戦へと勝ち進んだ。

一方の妹尾選手と亀田選手の対戦は、序盤に亀田選手がリード。中盤からは妹尾選手も猛追撃を開始したが追いつかず、亀田選手が決勝戦へと勝ち進んだ。

決勝戦

決勝戦は高橋明男選手と今大会最年少の32歳の亀田選手の対戦。2選手とも決勝戦の競技エリアの左端に釣座を構えての釣り開始となった。

ダイワ キスマスターズ 2016

決勝は高橋明男選手(左)と亀田智浩選手の対戦

今大会はルールで試合開始前にハリにエサを刺すのは禁止。開始の合図とともに10本前後のハリにエサのチロリなどを刺していく。決勝戦で先にエサを付け終えたのは高橋明男選手だったが亀田選手はエサを付け終えてからの投入動作が非常に早く、ほぼ同時に投入。

ダイワ キスマスターズ 2016

開始の合図とともにエサを刺していく

この第1投目で多くのキスを掛けたのは高橋明男選手。隣で釣る亀田選手もキスを掛けるが1投での数は高橋明男選手の方が多い。

ダイワ キスマスターズ 2016

この展開が続いた20分後、亀田選手が多点掛けのあとに釣座を一気にエリア右端近くまで移動。そして1色半〜2色(20〜25m)の近場に狙いを集中した。

ダイワ キスマスターズ 2016

高橋明男選手と同じ沖を狙っても小型ばかりで追いつけないので、思い切って場所を変えて近場に狙いを絞り手返しの速さで勝負に切り替えたのだ。するとこの距離でもキスがよく釣れ、さらに沖よりも大きなサイズが混じってきた。

ダイワ キスマスターズ 2016

近投で狙う亀田選手

ダイワ キスマスターズ 2016

高橋明男選手は前半から沖目を狙った

手返しは亀田選手の方が格段に早いが1投でのキスの数は高橋明男選手の方が多く、後ろで見ていた印象では高橋明男選手の方が数釣っている印象。90分の試合終了のブザーが鳴った時、多くの人が高橋明男選手の優勝を確信していた。

そして検量。まず高橋明男選手の釣果がクーラーより取り出された。やはり数釣れている。続いて亀田選手の番。高橋明男選手よりも少ないと思われていたが、クーラーからキスが次々と取り出されていき高橋明男選手のキスのボリュームを抜いていった。これにはギャラリーから驚きの声があがった。

ダイワ キスマスターズ 2016

左が高橋明男選手、右が亀田選手の釣果

いよいよ重量測定。

高橋明男選手は991g

続いての亀田選手は1,199g!

亀田選手本人も驚いたという差をつけて亀田選手が記念すべきキスマスターズの初代王者に輝いた。

ダイワ キスマスターズ 2016

検量後、握手で健闘を称える両者

ダイワ キスマスターズ 2016

ダイワ キスマスターズ 2016

選手たちによるうれしい胴上げ

○大会結果○

優勝 亀田智浩
2位 高橋明男
3位 高橋明彦
3位 妹尾泰博
(敬称略)

0
The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする