スポンサーリンク

トルネード 黒鯛(ちぬ)ハリス〈解説/南 康史〉

シェアする

食わせのための「しなやかさ」 トルネード 黒鯛(ちぬ)ハリス

トルネード黒鯛(ちぬ)ハリスと南康史

解説してくれた南康史さん(フィッシングショーのサンラインブースにて)

何度もテストして、こだわったハリス『トルネード 黒鯛(ちぬ)ハリス』がようやく完成しました。求めたのはズバリ、食わせのための「しなやかさ」です。

私はチヌのフカセ釣りでは軽い仕掛けでサシエをゆっくり底まで沈ませていく釣り方をメインとしています。それは「上を向くチヌ」を逃さぬためです。

チヌ釣りでは「底狙い」を基本とすることが多く、実際に私も底から組み立てているのですが、マキエを撒くフカセ釣りでは、上から沈んでくるマキエに対して底にいるチヌがマキエを食べるために浮いてくるという現象を作り出すことができます。

そんな状況で仕掛けが重く、沈下速度が速い仕掛けだと上を向いたチヌを釣り逃すことになります。軽い仕掛けとしなやかなハリスならできるだけサシエをふわふわゆっくり沈めていくことができ、上を向いたチヌに違和感少なくサシエを食わせることができるというわけです。

そのためこれまではサンライン『トルネードKONG』というしなやかなハリスを多用していましたが、『トルネード 黒鯛(ちぬ)ハリス』はその上をいくしなやかさを実現。状況に応じての使い分けのバリエーションも増えることになりました。

カラーもステルスブラウンというこれまでにないものを採用。これはチヌが好む「岩礁」「海藻」に溶け込むカモフラージュを期待するものです。

また『トルネード 黒鯛ハリス』という名からチヌ釣り専用と思われるかもしれませんが、それはチヌ釣りに使いやすいという意味の話。近しいサンラインのテスター陣からは「グレにもよさそう」という声が出ています。

このしなやかさに一度触れてみてください。

トルネード黒鯛(ちぬ)ハリス

トルネード黒鯛(ちぬ)ハリス

50m巻

号数:0.8、1、1.25、1.5、1.75、2、2.5、3号

南康史(みなみ やすし)

G杯チヌV4、マルキユーカップチヌ優勝など、数々の大会で上位入賞を果たすチヌフカセ釣りの名手。がまかつ・サンライン・マルキユーフィールドテスター、GFG所属、club G’s会長



The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする