第1回東レ懇親チヌ釣り大会 in 中国

シェアする

●主催/TFT(東レフィッシングチーム)
●後援/東レ・モノフィラメント

2018年1月7日(日)に『第1回東レ懇親チヌ釣り大会 in 中国』が広島湾一帯を会場に開催された。

「東レファン待望の大会をやっと開催できました」と大会役員の中西毅さんが述べたこの大会には、地元広島や近隣の山口、岡山はもちろん、関西、関東、さらには東北から70名の参加者が集まった。

大竹市東栄地区港湾緑地駐車場から「タートル1号」「奥新渡船」「せと丸」「大知渡船」の4船に分かれて7時出船。参加者たちは13時半の納竿まで日ごろ鍛えた釣技をふるった。

広島湾は低水温の時期を迎えており、チヌの食いが非常に渋く、ルールも規定サイズなしの3匹重量が採用された。そんななかでも検量には良型が多数提出され、なんと77.5cmの大型マダイ(ハリス1号での取り込み!)も持ち込まれた。

順位は横取り方式。優勝は3匹で3,180gをマークした三宅仁さん。使用したラインは道糸が『銀鱗SS ネオ』1.5号、ハリスは『トヨフロン スーパーL・EX ハイパー』1.5号だった。

◎《大会結果》◎

優勝 三宅 仁
2位 梅田真俊
3位 大浜 渉
(敬称略)

上位入賞者。左から梅田さん、三宅さん、大浜さん

大会ギャラリー

検量に持ち込まれたチヌは良型のコンディションの良い寒チヌが多かった

篠原 チヌ

大会最年少の篠原くんが50cmオーバーをキャッチ

関東から参加の平田さん

沖永テスターも参加

優勝の三宅さん

3匹リミットメイクの参加者も多数見られた

佐藤さんがハリス1号でキャッチした大型マダイ

女性参加者の白築さん

表彰後は抽選会とじゃんけん大会で盛り上がった



The following two tabs change content below.
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部
釣りぽ編集部スタッフです。編集部ならではの企画記事や大会リポート、釣行リポートなどをお届けします。大会リポートについては大会関係者から送られたものを「釣りぽ編集部」として掲載していることもあります(※本文最後に報告者を記載)。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする