ザリガニ釣り/THE ゆる釣り

シェアする

About Author

年齢•性別•経験関係なく、誰でも楽しめちゃう「これぞ釣りの原点!」というゆる〜い釣りを厳選して紹介していく「THE ゆる釣り」。今回は身近な水路でも釣れるザリガニ釣りを紹介します。

アメリカザリガニ

ザリガニとは?

ザリガニとひと言でいっても、日本国内だけでも3種が生息している。まず1つめはお馴染みの「アメリカザリガニ」。2つめは日本の固有種である「ニホンザリガニ」。3つめは3種のなかでもっとも大型になる「ウチダザリガニ」。アメリカザリガニとウチダザリガニは、食用を目的としてアメリカから輸入された外来種。

ニホンザリガニとウチダザリガニは冷水を好むため、身近なポイントでゆる釣りを楽しめるのはアメリカザリガニ。ここで紹介するのもアメリカザリガニ釣りだ。

こんな所で釣れるよ〜

ザリガニもカニやエビと同じ甲殻類。障害物周りを好み、夜行性のため昼間は穴や藻の中など物陰に潜んでいる。こんなところにいるの? と思うような意外な場所にモンスターサイズが潜んでいることもある。気になるところはくまなくチェックすべし!

ザリガニポイント水路

緩やかな水流に生い茂るブッシュ、石垣、シェード(陰)……、ザリガニフェチが見たら興奮すること間違いなし! そう、ザリガニはこんな小川に生息しているのだ。あなたの近所にもきっとあるはず。夢のザリガニパラダイスが……

ザリガニポイント穴

コンクリートの穴

ザリガニポイント藻場

藻場

ザリガニポイントブッシュ

ブッシュ

タックルはシンプル

ザリガニ釣りの基本仕掛けは棒にタコ糸を結び、エサとなるニボシやスルメをタコ糸で結ぶだけとシンプル。結びも固結びで大丈夫なので初めての人でも簡単に作れるはず。

《ザリガニ基本仕掛け》

ザリガニ仕掛け

これだけでじゅうぶん楽しめるが、仕掛けにちょっとした工夫を施してみるともっと楽しめる。

今回使ったのは折れて使い道がなかったエギングロッド(トップ側)のガイドにタコ糸を通したもの。これのどこが工夫しているのかというと、竿を持っていないほうの手でタコ糸を手繰り寄せることができるため、竿先とエサの距離を自由自在に調整できるのだ。

結果、ブッシュが生い茂る狭いポイントや穴の中までエサを送り込みやすくなるというわけ。

また、エサはタコ糸で縛るのではなく、ジグヘッドを用いることですばやい沈下とスムーズなエサ交換を実現! もっとも、ザリガニを釣るためにここまでする必要があるかというと、無い気もするけど(苦笑)。

ザリガニタックル

編集部りょーた自作のザリガニタックル。ザリガニ相手にここまでしなくてもよかったが……。ついつい釣り人の血が騒いじゃったらしい

ザリガニ釣る1

オリジナルタックルを使うことで狭いポイントへもスルスルとエサを送り込める! また、糸を直接操作することで繊細な誘いも可能

エサはニボシやスルメなど

ザリガニは雑食性なので何でも食べるが、集魚効果やエサ持ちを考えるとエサはニボシやスルメがベスト。実釣ではりょーたの実家にあったネコ用のニボシを使用。

ザリガニエサ煮干し

ジグヘッド+ニボシ。沈下速度が早くなるのがポイント

ザリガニエサ煮干し袋

マルキユーから発売されている『ザリゲッチュ』。エサや釣り糸、カッター、エサをはさむためのクリップがセットになったザリガニ釣り専用商品。初めての人にはこれもオススメ

釣り方はシンプル 目の前に落とすだけ

ザリガニの釣り方はシンプル。ザリガニがいそうな穴や藻場の前にエサを沈めるだけ。ザリガニがいたら出てきてエサをハサミで挟んで食べ始めるので、あとはゆっくり引き上げるだけ。

ただ、エサを挟むと元いた穴や藻の中に戻ることが多く、そこから引きずりだして抜きあげることになる。今回はジグヘッドを使ったが、ハリに掛けるわけではなく、あくまでハサミで挟んだだけなので、取り込むまでけっこうハラハラ・ドキドキ。

これもザリガニ釣りの楽しさのひとつ。

ザリガニ釣り煮干し沈める

いい感じの穴を発見。ニボシを落としてみる

ザリガニ釣り煮干し爪

奥からツメが出てきた

ザリガニ釣り煮干し

一目散にニボシへと向かい食いついた!

ザリガニ釣る2

ザリガニにエサをはさませて、ゆっくりゆっくり上げてくる……。この間がスリリング

ザリガニ釣れた

ザリガニキャッチ! ゆるいけど熱くなる釣りです

シェアする

フォローする