GFG中国広島支部主催親睦タイラバ大会 in 竹原沖

シェアする

About Author

●主催/GFG中国

8月11日(日)に、支部大会初の試みとなるルアー釣り大会として、タイラバ大会を開催しました。

開催地は大小の島々が点在し、複雑な潮流が走る竹原沖。この流れの中で悠々と育ったマダイは食味も引き味も格別です!

また、希少な高級魚アコウの漁場としても有名な場所です。

今大会の対象魚をこの2魚種に定め、船2隻の定員20名の参加者様にて出船しました。

早々にバイトがあった方や、底取りに悩まれる方などさまざま。アタリのあったタイラバのサイズやカラー、釣れたタナを教えあうなどしながら、特に経験者は初心者に親切丁寧な対応をされておりました。

猛暑はどこへやら、各船上は親睦大会ならではの和やかな雰囲気で終始笑い声が絶えることがありませんでした。

楽しい時間が経つのは早いもので、6時間ほどの航行の後、帰港、検量です。

今大会規定のマダイ2匹長寸で見事優勝されたのは西坂務さん。

西坂さんは、こまめなタイラバ交換などで状況にアジャストされ、皆さんにアタリがない時間帯でも的確に魚からのコンタクトをとっておられました。

アコウ部は大型の44cmを釣られたGFG中国本部ルアー担当部長の廣安成仁さんでした。

上位入賞の皆様おめでとうございました!

最後に、多数の協賛品とレンタルロッドをご提供くださいました、がまかつ様、安全な航行をご提供くださいました各船長様、猛暑のお盆休み最中の大会開催にも関わらず、多数ご参加賜りましたすべての皆様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

(報告/GFG中国広島支部事業部長・田中 謙太郎)



◎《大会結果》◎

優勝 西坂 務  73.0cm
2位 明石 道忍 56.0cm
3位 小沢 拓朗 69.0cm
4位 宮地 邦浩 45.0cm
5位 村上 千春 40.0cm
アコウ1匹長寸賞
   廣安 成仁  44.0cm
(敬称略)

上位3選手

GFGタイラバ大会 上位入賞者

大会ギャラリー

シェアする

フォローする