びん沼自然公園でのヘラブナ釣り/びん沼自然公園(埼玉県富士見市)

シェアする

About Author

今回も埼玉県のびん沼自然公園にヘラブナ釣りに行きました。

この日は「浅だな両ダンゴ釣り」でヘラブナを狙いました。この釣り方は、針を2本付け、エサのダンゴを2つ付けます。ヘラブナのプランクトンを食べるという食性を利用して、投入してばらけていくダンゴをヘラブナに吸い込ませて釣るものです。

この釣りで難しい所は、エサ取りなどの状況を考えて「どうやってヘラブナにエサを食わせるか」という観点で、ダンゴの硬さや配合を調整するところです。

棚をあまり深くしすぎるとコイがヒットする可能性があり、ハリスを切られます。(コイのサイズは約5キロ~10キロ程)

釣り始めてしばらくして小さめなヘラブナがヒット。

まずは1匹ということで安心していると、いつもの「ズン」という大きな当たりで、鯉が掛かったということがわかりましたが、今回は運よくバレてくれました。

その後も釣り続けていると、エサ取りの猛攻が激しくなり、ウグイやニゴイなどが釣れ続きます。こうなると、なかなか本命がコンスタントにヒットする状況ではありませんでした。

そんな中、最後の1投で、比較的良型のヘラブナをゲットできたので良かったです。

やはり、淡水魚は朝夕の涼しい時間帯にヒットが多く、今回も日没前ぐらいに当たりが集中していました。

やればやるほどヘラブナは奥が深いと実感しますが、この「浅だなの両だんご釣り」は、ヘラブナ以外にもいろんな魚が釣れてとても面白いのでお勧めです。



《マップ》

※マップの釣り場の大まかな場所です。釣れたポイントとは異なります。自己責任の元、十分に注意して釣行してください。

《釣行メモ》

釣行日 2019年8月30日
潮汐 大潮

《使用タックル》

竿 朱紋峰 嵐月 10.5尺 シマノ
道糸 ナイロン 0.8号
ハリス ナイロン 0.4号
ウキ 3号
ハリ フナ針 5号 オーナーばり

《エサ》

エサ バラケマッハ、浅だな用両ダンゴ マルキユー

シェアする

フォローする