大阪湾オフショアジギングでサワラ&タチウオ/大阪湾(大阪府)

シェアする

About Author

三宅 伊賀愛優菜 ジギング タチウオ

今回は大阪湾にオフショアジギングに行ってきました。

お世話になった遊漁船は「シーパラダイス」さんで、狙いは青物とタチウオ。

事前情報では青物とタチウオがよく釣れてるとのことでしたが、当日は潮が悪くかなり渋い状況でした。

今回釣りをしたポイントは、潮が速い上に根が結構荒く、根掛かりが多かったです。

このようなポイントでは、根掛かりを防ぐ為にも、潮に負けずに沈んで底を取れる重さのジグを選択することが大切です。

底に着いたらすぐに巻き上げてアクションを入れるようにしましょう。

ジグの重さですが、潮は速くなったり遅くなったりするので、軽めは120g、重めは300gまでと幅広く持っておくとどんなときも対応できます。

この日の魚の反応ですが、青物はアタリはあるものの乗らず、サワラが多くてよくラインを切られました。

こんなこともあるので、ジグは多めに持ってきておくことをオススメします。

そんな中、速めのワンピッチでなんとかサワラを1匹キャッチ。

その後、青物の反応は薄くなり船長の判断でタチウオ狙いに変更となりました。

移動したタチウオのポイントは水深は70メートル前後で速い潮が流れています。

開始早々、同乗者の伊賀愛優菜さんにヒット。

フォールで底付近で食わせたようです。

伊賀愛優菜 ジギング タチウオ持ち

タチウオを釣り上げた伊賀愛優菜さん

僕もフォールで底付近を攻めます。船内で釣れた釣り方を真似するのが釣果を上げるコツでもあります

使用タックルですが、伊賀愛優菜さんはシマノさんのフォール調整機能付きのベイトリールを使われていました。

私は磯フカセ用のレバーブレーキリールを駆使してフォールのスピードを変えたり、急に止めたりと変化をつけながらフォールで攻めました。

すると直ぐに答えが出て2本キャッチ。

タチウオ レバーブレーキ付き 伊賀愛優菜

その後はフォールでの当たりがなくなり、ワンピッチなどの巻きのアクションで狙ったところ2本立て続けに釣れました。

そして伊賀愛優菜さんも試行錯誤して数本タチウオを釣り上げました。さすが、大阪湾がホームなのでよく釣ってました。

ヒット 伊賀愛優菜 ジギング タチウオ

タチウオはその時その時でヒットジグのカラーやアクションは変わるので臨機応変に対応するようにしましょう。

その後は青物を再び狙いに行きましたが不発に終わりそのまま納竿。真夏で暑かったですが非常に楽しい釣行となりました。

この時期に釣行される際は飲み物は多めに持っていきましょう。

そして今回お世話になった遊漁船「シーパラダイス」さん。気さくな船長で大阪湾を知り尽くしており、非常に楽しい釣行ができます。

皆さんも熱中症対策をしっかりとして大阪湾に行ってみてはどうでしょうか?



《釣行メモ》

釣行日 2019年8月8日
潮汐 小潮
 満潮  15時59分
 干潮  08時07分
(大阪)

《使用タックル》

竿 グラップラー type LJ 63-2 シマノ
リール BB-X ハイパーフォースC3000DXXG シマノ
ライン スーパーブレイド5 1.2号 サンライン
リーダー トルネード船ハリス 4号 サンライン
ハリ 自作アシストフック
ハリ ガリッシュ バレーヒル

《利用遊漁船》

シーパラダイス

シェアする

フォローする